YMCAの教育・保育の理念

イエス・キリストの愛と奉仕の精神に基づき、
一人ひとりのいのちが輝く平和な社会の実現を目指します。

YMCAの教育・保育の使命

– 子ども –
一人ひとりの子どもが愛されていると感じることができるように守り育てます。
– 家庭 –
子どもの成長をともに喜び合えるように家庭と手を携えていきます。
– 地域-
地域の人々と、ともに生きる社会の形成を担います。

キリスト教保育
Christian child care

乳幼児期は人間形成の「根っこ」が育つ大切な時期です。

この根っこは、神さま、そして保護者や保育者から、「あなたが大事」という温かくて豊かな栄養が含まれた家庭やこども園や地域というそれぞれの場の、さまざまな人間関係のなかで、育てられ、育ちます。

子どもたちは、自分の存在をありのまま認められ、思いを受け止めてくれる人に支えられながら、自分の力で根っこを伸ばしていきます。早く伸ばそうと引っ張ってみても根っこは伸びません。水や栄養を与えすぎても根っこは腐ってしまいます。

「おもしろそう」「やってみよう」「こうしたらどうなる?」などと、子ども自身が生活や遊びのなかで、興味や意欲を示し、その思いを受け止め、支えてくれる大人がそばにいると根っこはどんどん伸びていきます。

YMCAのこども園では、見たり、聞いたり、触ったり、匂いをかいだり、味わったりと、子どもたちが五感を存分に用いて、心とからだを動かすことを大切にしながら、仲間とともに育ち合い、太くて長い根っこを伸ばしていってくれることを願って保育しています。太くて長い根っこを伸ばせば、雨や風などに負けない「太く頑丈な木」となり、一人ひとり違う花を咲かせ、その子らしい実をみのらせるでしょう。「根っこ」の成長は見えませんが、その子らしさを大切に、一人ひとりの成長を信じ、ともに喜び、見守っていきます。

YMCAの大切にしていること
Our values

安心・安全な取り組み

安心・安全な取り組みを実現するために、

私たちは6つのことを大切にしています。

食育~心も体も育む~

栽培、クッキング、手作りおやつ、誕生会(行事)の食事、食物アレルギー対応など

体を動かすあそび~自然との出会いを大切に~

体育あそび、園外保育、キャンプ、雪あそび、歩くこと

違うことの大切さ~出会いと交わり~

異年齢保育、異文化保育、統合保育(障がい児保育)など

コーナー保育

ひとり一人の子どもが安心して過ごせる場と時間と空間の環境づくり

保護者とともに

保育参加、親子交流会など

地域とともに

近隣小学校・中学校・高校との交流、地域住民のボランティア参画、地域チャリティーバザーなど