神戸YMCA学童保育指導員採用情報サイト

YMCAとは

Young Men's Christian Associationの略で、キリスト教青年会と訳されます。
1844年にロンドンで誕生し、現在では世界125の国と地域に広がり、国連のNGO(非政府団体)の一員として、国際協力、難民救済などでも活躍しています。
キリスト教精神に基づき、交わりと協力とにより奉仕の精神を養い、すべての人びとのSpirit・Mind・Body(精神・知性・身体)の調和のとれた発達をはかり、民主的社会の発展と世界平和に寄与する目的をもって活動する国際的な非営利・公益団体です。
神戸YMCAは、これらの働きを神戸(兵庫)の地で行なうべく、1886年(明治19)に創設されました。公益財団法人神戸YMCA、学校法人神戸YMCA学園、社会福祉法人神戸YMCA福祉会が認可を受けて様々な活動に取り組んでいます。

YMCAの学童保育とは

YMCAでは、1960年代から神戸の長田において、放課後の居場所が必要な子どものため、「かぎっこクラブ」と称する活動に取り組み、現在では神戸学園都市や須磨でYMCA独自の学童保育、また指定管理者事業として神戸市立児童館、西宮市立の育成センター(学校内学童保育)の運営を行うなど、学齢期のこどもの居場所支援の場が広がっています。 YMCAでは、生活習慣や学習などの習慣だけでなく、異年齢の交わりの中で互いのことを考え自分に気づく力をつけることなど、「ひとつひとつのいのちが光り輝くこと」を願って活動を行っています。その中で一番大切なのは、いろいろな視点で子どもを見守り、声をかける指導者です。 YMCAの活動では、学校を卒業したばかりの若い方から、すでに子育てが終わった子育ち経験の豊かな方まで、様々な方が子どもの生活を支えてくれています。YMCAの指導者は子ども達との絆も深まり、毎日泣いたり笑ったり楽しい時間を一緒に過ごすことができます。 子育ち支援の立場でありながら、子どもと関わる中で、学び楽しみ喜びあう、そんな指導者も子どもと共に育っていく「共育の場」でともに歩みませんか?

現場の声1

子育てがひと段落した時期に、自分自身が持つ子育ての経験と教員免許を生かせるお仕事を探していたところ、以前から興味があった学童保育指導員の募集を目にしました。「これだ!」と迷わず応募し、現場でお仕事を始めることができるようになりました。経験があっても最初はわからないことだらけで、なかなか思うように保育ができず悩むこともたくさんありました。でも、その都度まわりの先生方にたくさんアドバイスやお手伝いをいただき、支えられながら乗り越えてきました。今は自信を持って、本当に心から楽しく子ども達に接することができるようになりました。元気な「ただいまー!」の声から始まり、子ども達の喜怒哀楽を間近で感じています。また、1日たりとも同じ日はありませんし、子ども達の成長を実感しながら充実した毎日を過ごしています。子どもと保護者や地域の方々のおかげで、まさに今私は「第二の子育て」を経験させていただいているという喜びと感謝の気持ちでいっぱいです。子ども達が安心して、楽しく通える「第二のおうち」を私たちと一緒につくっていきませんか?

現場の声2

「子どもと接することのできる仕事がしたい。」そう思っていた時、学童保育指導員という仕事に出逢いました。それまで私自身、学童に通っていたわけでもなく、詳しいことは何も知りませんでした。
私が仕事をする上で大切にしていることは、「つなぐ」ということです。宿題が早く終わった子には、大袈裟なくらい褒めて明日のやる気につなぐ。友達と遊びたいけど言い出せずにいる子がいれば、きっかけを作ったり、支援の必要な子が少しでもみんなと過ごせるように声をかけたりして、子どもと子どもをつなぐ。その少しずつのつながりの積み重ねが、子どもたちの安心して過ごせる場所につながっていくと思うからです。 自分の力不足に悩み落ち込むこともあります。そんな時に一緒に考えてくれる先生方がいます。子どもたちの笑顔があります。たくさんのものに支えられて、何も分からずに入った学童での仕事が、今の私にはかけがえのないものになっています。

育て育ちあう場として~研修制度~

YMCAでは子どもの全人的成長を育むだけではなく関わる指導者も学び変容していくしていく、「育み、自らも成長していける場」として学童保育の活動を行っています。 採用者には、事前にYMCAの願う子どもの育ちなどの「願いの共有」や子どもの発達などの「対象理解」、また自分の関わる箇所だけでなくYMCAの運営する学童保育施設での訪問研修、また各担当ごとでのチーム検討会、活動の振り返り等、指導者が思いを分かちあい学びあいながら、子どもと関わっていく研修制度をもって、新卒者から子育て経験もある方までの多様な年代・多様な個性を生かして、子どもと関わっていきます。
研修の一例
入職時研修:「子どもの理解」「YMCAの願い」「多様な現場での実習体験」
年次研修:「神戸YMCA全体研修(対象理解・家庭理解・地域理解など社会課題の理解)」年数回
現場研修:「日々の振り返り」「障がい理解(対象理解)」「支援の実際」など

施設一覧

神戸YMCAは神戸・西宮市内にて、下記のように学童保育を運営しています。
■神戸市内
1.須磨YMCA学童保育クラブ 〒654-0081 神戸市須磨区高倉台4-12
2.西神戸YMCA学童保育クラブ 〒651-2102 神戸市西区学園東町2-1-3
3.太山寺児童館学童保育クラブ 〒651-2103 神戸市西区学園西町5-2-3

  

■西宮市内
4.用海留守家庭児童育成センター 〒662-0921 西宮市用海町3-54
5.浜脇留守家庭児童育成センター 〒662-0941 西宮市浜脇町5-48
6.香櫨園留守家庭児童育成センター 〒662-0952 西宮市中浜町3-32

※1.2は地域方式、3~6は指定管理者として運営しています。

お知らせ
2017-3-2
2016-12-28
ページのトップへ戻る